転職する時考えよう

私は2回会社を変わりました。

1回目は26歳の時。理由は信頼していた上司に転勤の事で「吉田、仕方ないよ」と言われた事がきっかけでした。

2回目は32歳の時。この時は単純に給与面でした。自分の仕事に割く時間とお金との天秤でした。「こんなに頑張っているのに・・・」です。

最近よく思うのですが、30歳前半までは 「言動が幼稚だったなぁ」 と自分のやってきたことを思い起こして痛感します。

転職の理由BEST3

BEST1≫ 評価不満型 ~降格・人事異動、評価への怒りが原動力に。

5割の人がこれです。役職定年を含む降格や、望まない人事異動、あるいは納得できない人事考課など、ある日突然、「自分はこれだけやってきたのに、なぜ会社は評価してくれないのか?」という事態が起こります。何度かのみ込もうとしても、どうしても自己評価とのズレが解消しなかった瞬間、静かな怒りが会社を去る決断に火をつけるというケースです。会社と自分の評価のズレは20代の頃から何度も経験し、そのたびにのみ込んで収めてきたはずなのですが、心の沸点を超えた瞬間に収めきれなくなり、アクションが始まります。

会社側から見ると、個人のパフォーマンス評価以外に、若手の登用による活性化や幹部人材の選別、適正な人材代謝など、組織強化のための複合的な判断をしなければいけないという事情もあるので、この評価ギャップは収めようがなく、強い慰留もないままに退職が決定的になっていきます。

BEST2≫環境変化型 ~倒産・業績悪化、M&A、経営者の交代

3割の人がこれです。景況感がいいといわれている昨今の環境下でも、会社を取り巻く環境が変わって転職を考えることになる人は意外に多いのが実態です。

BEST3≫プライベート型 ~親の介護、疾病・メンタル

1割弱ですが少子高齢化で増えてきます。社内での評価も、人間関係も、業績的にも順調に見えて、ある日突然、自分や家族を襲う「病」という壁。人間であるがゆえに避けられないことですが、ご本人としては非常に不本意で、不完全燃焼感も高い辞め方といえると思います。 会社によっては、長期休職扱いとしてサポートしたり、場合によっては時短勤務や地元近くの拠点への異動などを配慮してくれたり、それによって退職を免れたケースもあるようですが、「いつ終わるのか先が見えない」という理由で自発的に会社を去られる方も多くおられます。会社が制度的に支援してくれる状況があるのであれば、それを行使することはご本人の権利なので、いつか恩返しするつもりで、遠慮せずにその機会を利用することがいいと思いますが・・・限界もありますよね。

fukidashi_tensyoku_man

 

会社を辞めた理由がどうであれ、その決断を後悔しない結果につなげていくために重要な共通点がいくつかあります。退職の理由には、どうしても不可避な理由を除けば、やはり何らかの現状不満が隠れていることが多くなります。

「次の一手」を選択する際に、前職での不満を打ち消すことを目的に、不満の原因となった要素と正反対の因子を選択の基準にしてしまうと、結果的にうまくいかなくなる傾向があるようです。(休みが多いとか給料が高いとか)

たとえば「評価への不満」がきっかけで会社を辞めた人が「実力を評価してもらえること」を目的に転職した場合に、実際にはノウハウを欲しがっていただけだったり(ノウハウを吐き出した瞬間に評価が下がる)、入社後に組織風土(企業文化)や価値観の違いに気づくなどして、再び転職を迫られるというケースです。不満を解消することが唯一の目的となってしまって、他の重要な因子をチェックする気持ちが薄れてしまうことが原因のようです。

今後、会社を辞めるかもしれない方には、そのような事態を回避するためにも、「前職を辞めた/辞める理由」とは全く切り離して、自分が主体的なモチベーションを長く保ち続けられるために重要な要素を洗い出し、重み付けをして、意思決定の基準にしていただきたいと思います。

400万社を超える企業の中のたった1社を辞めたことよりも、自分の人生を自分のものと実感しながら、気分よく働き続けられることが何よりも重要です。

企業文化って大切です。

 

 

 

仕事の流儀

私はよく「仕事は8割が挨拶・礼儀で、技術力は2割でOK」と言います。挨拶礼儀の中にはコミュニケーション能力も含まれます。極端な話と思われるかもしれません。

建設現場での管理業務は、施主・設計事務所・デベロッパーなど発注側の人間と現場で切った張ったの作業をする専門職の作業員、時には第三者といった具合にほとんど毎日人と接する事となります。

当然ミリ単位の仕事で成り立つ建設業ですからズボラでは通用しませんが、明るい性格でなければやりにくい世界でもあります。

たとえば、現場で50メートル先にお客さんを確認した時、同時に高い確率で相手もこちらにに気付いています。

そんな時どうしますか?

お客さんの立場で考えてみてください。

ニコニコっと会釈するだけでも相手は好感を持つでしょう。何あいつヘラヘラわらっとんねん!とはなりません。

作業の手を止めて1言2言挨拶や報告をするだけで相手はものすごく安心してくれるものです。

ojigi004

最悪なのは無視してしまう事です。

いくらキッチリ仕事をしていても、そういったコミュニケーションが取れていなければスムーズな現場管理は難しくなります。

「そんなんあたりまえやん」と言っている人は、常日頃そこに注力している人です。気を付けていなければ、いつも考えていなければなかなか出来る事ではありません。

世の中には好き嫌いが有りますが、そこをスマートにこなせれば格好いい社会人になれるのではないでしょうか。

私も常日頃勉強です。