2018富士登山!

ここに綴るときは、文章を書いた後にタイトルを考えます。

それと話は真実に、出来る限り現実の話、盛りの無いようにとおもっています。
建前と本音を使い分けると言いますが私は出来そうもありません。

今回はタイトルを一番最初に書きました。

昨年の納会の時に「社内旅行も五年くらい行ってないし、今年は年間予算にも組み込んだからいけへんか?」と私が言ったら・・・・

「慰安旅行じゃなく体験型の社員旅行にしよう!」と。

この人↑↑↑偉いなぁ(^。^)

正直うれしく思いました。

昔風の社内のコミュニケーションのために思って言ったのに、それに輪をかけた今風意見!正直ビビりました。

富士登山は7月上旬から9月下旬までしか登れないので、今のところ7月に行きたいと思っています。(7/14~7/16くらい)

各人の体力もあるので各々目標をたてて登ってほしいとおもいます。

それと富士山に一度は挑戦したいと思っている方一緒にチャレンジしてみませんか?

参加要領は後程ご連絡いたします。

 

 

 

 

 

犬が西むきゃ尾は東~シンプル!?

新年あけましておめでとうございます。
平成30年がスタートしました!
また、弊社は昨年12月1日より第39期を無事迎えることが出来ました。これも偏に皆様のおかげと感謝いたします。ありがとうございます。

さて、弊社の今年の業務目標は「予算と時間を守って業務にあたる」です。

とてもシンプルです。

仕事は大きく「受注型」と「見込み型」というタイプに分かれます。
「受注型」とは建設工事やシステム構築といった仕事に代表されるもので、あらかじめ予算と時間が決まっている仕事。
「見込み型」とは自ら企画して行うもので、自動車や家電製品などの商品開発をするメーカーや、本やゲームなどのコンテンツビジネスの事を言い自ら決めた予算と時間を、自らの都合で変更できる仕事です。

どちらにしても時間内に良い仕事をするのがプロの仕事です。

期限より早く仕事を仕上げるとお客様や上司などの相手はとても喜びます。相手はそのあと余裕をもって仕事に取り組むことができるからです。
相手だけでなく予算と時間を守ることのメリットは自分やチームにもあります。締め切り前に仕を終える事が出来ると、精神的に余裕をもって生活ができるので、追い込まれることがなくなります。また残業をせず、さっさと家に帰ることができるので家族や友人との時間を楽しむことも可能です。

しかし現実にチームでプロジェクトに携わる場合、この「予算と時間」を守る事は自然にできるほど簡単ではありません。
ビジョン、リーダーシップ、チームワーク、スケジュール、クオリティー、トラブル・リスク対応、予算とコストコントロールといった課題を解決していかなければならないのです。

だいぶあります。

「予算と時間を守って業務にあたる」
すごくシンプルに聞こえますがとても重要で取り組むに値する業務目標なのです。

「チャレンジ2020 SENYO」を達成するためにも
本年も社員一同 感謝の気持ちを忘れず邁進していく所存でございますのでご愛顧賜ります様 謹んでお願い申し上げます。