就職活動~春

今年の冬は、例年以上に寒かった。

本当に春が来るのかと、未だ疑っている人もいるのではないでしょうか。

3月も終盤に差し掛かり、卒業、転勤、入学・入社と4月からの新生活準備で忙しい時期です。

企業にとっても春は、就活中の学生さんとの出会いの時期です。

弊社では、「人にスポットライトをあて、人を大切にする事で、企業は永続する」ことを実証すべく日々取組んでいます。

「中小企業で働くメリット」を最大限に発揮できるように、「成長支援制度」があります。それは、入社から定年退職するまで、社員を継続的に成長を支援する制度です。教育しステップアップし賃金が上がるといった内容になっています。

先日、就活支援セミナーで会社説明をさせていただきました。

sdr

「セミナーへ参加している学生のみなさんは、意識が高く、来春就職まで一年以上あるのに、今から準備をしている。」と思ったらおおまちがい。大手企業の内定は6月中旬にはほぼ出そろうのです。だからみんな三か月後の戦いに向けて今から準備をしている。

3/1の募集要項の発表から6月末まで、約4カ月弱の間に会社を選ばなければならないのが現実です。

一番のいけないと思うのは、希望した会社に就職できなかった学生が就職浪人する事です。自分の意思がはっきりしていて浪人中に留学し、英語をマスターするのであれば問題ないと思いますが、出来るなら採用してくれる会社に就職し、社会人としての一歩をしっかり踏み出すことを強くお勧めします。

そして、20代で高い目標を持ち、何事にも「はい!やらせてください!」と言える勇気を持ってほしいと思います。

 

 

 

 

3月11日

三月に入って、真っ先に思う事は、東日本大震災です。当日私は、難波のビルの3階で書類を書いていました。はじめの5秒くらい、あれ!?書いている字が揺れるので、疲れてるんかなと思ったのですが、そのうち部屋のブラインドが左右に揺れ始め、阪神大震災を経験している私は、「これやばいで、表に出なあかん」と思ってすぐに階段で表通りに出たら、近くのビルからも続々と人が出てきたのを昨日のように記憶しています。

地震とは、天災なので防ぎようが有りませんが、ちょっとした対策知識を持つことで生き延びることが出来ると思います。
近く南海トラフ大地震が発生すると言われています。
もし、今それが起こったらどうするか。
成るようにしかならないでは後悔します。今一度家族、会社で話題に挙げて「その時どうするのか」を話し合っていただきたいと思います。

東日本大震災で犠牲になられた人、それと残された動物たち、原発問題を忘れてはならないと思います。