senyo-ceo のすべての投稿

就職セミナーは楽しい

3/18に続いて4/14にガネットセミナーに参加しました。

今回は、面接対策編で50名の学生さんが集まりました。
私は今まで幾度となく面接に立会い大体の要領は解っていますが
学生さんは当然慣れているわけも無く、面接官と求職者に分かれてのロープレでは質問された瞬間、頭真っ白といった感じの人もいました。でも皆さん比較的流暢に話をされていてよかったと思います。

私が学生さんへアドバイスするのは、自分の今迄の実績より
近い将来、会社に入ってどんな事をやりたいかを訴えてくださいといいます。学生時代に起業している人は別ですが、アルバイト、サークル活動、ボランティアの成功談をいくら聞いても企業は興味がわきません。うんうんと聞いていても心の中では「あーそうなんだ」と参考程度にしか聞いていません。
例えば近い将来、何歳でこれをやって、何歳でここまでのキャリアを積んで、最終的には幹部にのぼりつめたいんです!といった話に興味を示します。特に最終面接段階になると経営層の面接官が面接するので、なぜするのか?いつするのか?をしっかり説明できる事が選考ポイントになります。

弊社では、就活支援としてツイッタ―で質問を受け付けています。確かに各企業での採用基準はあると思いますが、基本的なことはあまり変わらないと思いますので気軽に質問してください。

経営者目線、採用側目線でのアドバイスが出来ると思っています。

継続する企業 ~教育と育成~

社内研修を前に以下のような挨拶をしましたのでご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は、10年のサラリーマン時代を経て2003年に当社に入社し、早15年が経過しようとしています。

2006年に社長に就任して12年。

就任後1度も赤字を出すことなくやってこれたのも弊社の活動に関わる全ての方々、とりわけ今日ここにおられる皆さんのおかげだと思っております。感謝いたします。

就任から5~6年は「売り上げの現状維持ができればいい」「これでやっていけているのだからこのままでいいじゃないか」と思ってやっていました。  「同じことを毎年毎年繰り返せばいい」と。

しかし、自分の中で遥か未来と思っていた事が近未来となり、近未来が現実になるにつれ自分がいなくなったときこの会社は存続できるのだろうか?と真剣に考える様になりました。   その時はその時、誰かが社長をすればいい・・・。

そんな考え方もあると思いますが、実際誰かが社長をするとなると、ヒト・モノ・カネ・情報の色々な問題に直面します。

この中で今の泉陽冷熱の次期社長になりたい人はいますか?

社長になってこの会社を盛り立て継続し、次の世代にバトンタッチしてやろうとおもう人はいますか?

企業が存続するには、社員一人一人が継承したいと思える組織でなければなりません。

働く環境や人間関係、誇りを持てる仕事、充分な待遇、自分を取り巻く人への感謝の心、それらが無ければ誰もこの会社を継承したいとはおもわないのではないでしょうか?

今回の研修は、継承したい組織作りに必要な 働く環境や人間関係を良好に築くには?誇りややりがいを持てる仕事とはなにか?充分な待遇をえるためにはどうするのか?自分を取り巻く人への感謝の心はどう表現するのか?を皆さんが考え実践できるようになるために、いままでの固定観念を解凍し、気付き、そして変化成長していただくための時間です。

そしてこのような取り組みは社会に対しての責任と使命を全うする結果となり、社会においてなくてはならない会社として泉陽冷熱の存続に大きく影響するに違いありません。

長時間になりますが会社の営業を半日休み、講師の大田垣さんも情熱をもって真剣に当社の為に来ていただいておりますので

受講者もそのつもりで取り組んでいただきたいと思います。                         以上

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊社は今年の12月に創立40周年を迎えます。
5年後10年後に向けてやるべき事を一歩一歩着実にやっていきたいと思います。

 

就職活動~春

今年の冬は、例年以上に寒かった。

本当に春が来るのかと、未だ疑っている人もいるのではないでしょうか。

3月も終盤に差し掛かり、卒業、転勤、入学・入社と4月からの新生活準備で忙しい時期です。

企業にとっても春は、就活中の学生さんとの出会いの時期です。

弊社では、「人にスポットライトをあて、人を大切にする事で、企業は永続する」ことを実証すべく日々取組んでいます。

「中小企業で働くメリット」を最大限に発揮できるように、「成長支援制度」があります。それは、入社から定年退職するまで、社員を継続的に成長を支援する制度です。教育しステップアップし賃金が上がるといった内容になっています。

先日、就活支援セミナーで会社説明をさせていただきました。

sdr

「セミナーへ参加している学生のみなさんは、意識が高く、来春就職まで一年以上あるのに、今から準備をしている。」と思ったらおおまちがい。大手企業の内定は6月中旬にはほぼ出そろうのです。だからみんな三か月後の戦いに向けて今から準備をしている。

3/1の募集要項の発表から6月末まで、約4カ月弱の間に会社を選ばなければならないのが現実です。

一番のいけないと思うのは、希望した会社に就職できなかった学生が就職浪人する事です。自分の意思がはっきりしていて浪人中に留学し、英語をマスターするのであれば問題ないと思いますが、出来るなら採用してくれる会社に就職し、社会人としての一歩をしっかり踏み出すことを強くお勧めします。

そして、20代で高い目標を持ち、何事にも「はい!やらせてください!」と言える勇気を持ってほしいと思います。

 

 

 

 

3月11日

三月に入って、真っ先に思う事は、東日本大震災です。当日私は、難波のビルの3階で書類を書いていました。はじめの5秒くらい、あれ!?書いている字が揺れるので、疲れてるんかなと思ったのですが、そのうち部屋のブラインドが左右に揺れ始め、阪神大震災を経験している私は、「これやばいで、表に出なあかん」と思ってすぐに階段で表通りに出たら、近くのビルからも続々と人が出てきたのを昨日のように記憶しています。

地震とは、天災なので防ぎようが有りませんが、ちょっとした対策知識を持つことで生き延びることが出来ると思います。
近く南海トラフ大地震が発生すると言われています。
もし、今それが起こったらどうするか。
成るようにしかならないでは後悔します。今一度家族、会社で話題に挙げて「その時どうするのか」を話し合っていただきたいと思います。

東日本大震災で犠牲になられた人、それと残された動物たち、原発問題を忘れてはならないと思います。

2018富士登山!

ここに綴るときは、文章を書いた後にタイトルを考えます。

それと話は真実に、出来る限り現実の話、盛りの無いようにとおもっています。
建前と本音を使い分けると言いますが私は出来そうもありません。

今回はタイトルを一番最初に書きました。

昨年の納会の時に「社内旅行も五年くらい行ってないし、今年は年間予算にも組み込んだからいけへんか?」と私が言ったら・・・・

「慰安旅行じゃなく体験型の社員旅行にしよう!」と。

この人↑↑↑偉いなぁ(^。^)

正直うれしく思いました。

昔風の社内のコミュニケーションのために思って言ったのに、それに輪をかけた今風意見!正直ビビりました。

富士登山は7月上旬から9月下旬までしか登れないので、今のところ7月に行きたいと思っています。(7/14~7/16くらい)

各人の体力もあるので各々目標をたてて登ってほしいとおもいます。

それと富士山に一度は挑戦したいと思っている方一緒にチャレンジしてみませんか?

参加要領は後程ご連絡いたします。

 

 

 

 

 

犬が西むきゃ尾は東~シンプル!?

新年あけましておめでとうございます。
平成30年がスタートしました!
また、弊社は昨年12月1日より第39期を無事迎えることが出来ました。これも偏に皆様のおかげと感謝いたします。ありがとうございます。

さて、弊社の今年の業務目標は「予算と時間を守って業務にあたる」です。

とてもシンプルです。

仕事は大きく「受注型」と「見込み型」というタイプに分かれます。
「受注型」とは建設工事やシステム構築といった仕事に代表されるもので、あらかじめ予算と時間が決まっている仕事。
「見込み型」とは自ら企画して行うもので、自動車や家電製品などの商品開発をするメーカーや、本やゲームなどのコンテンツビジネスの事を言い自ら決めた予算と時間を、自らの都合で変更できる仕事です。

どちらにしても時間内に良い仕事をするのがプロの仕事です。

期限より早く仕事を仕上げるとお客様や上司などの相手はとても喜びます。相手はそのあと余裕をもって仕事に取り組むことができるからです。
相手だけでなく予算と時間を守ることのメリットは自分やチームにもあります。締め切り前に仕を終える事が出来ると、精神的に余裕をもって生活ができるので、追い込まれることがなくなります。また残業をせず、さっさと家に帰ることができるので家族や友人との時間を楽しむことも可能です。

しかし現実にチームでプロジェクトに携わる場合、この「予算と時間」を守る事は自然にできるほど簡単ではありません。
ビジョン、リーダーシップ、チームワーク、スケジュール、クオリティー、トラブル・リスク対応、予算とコストコントロールといった課題を解決していかなければならないのです。

だいぶあります。

「予算と時間を守って業務にあたる」
すごくシンプルに聞こえますがとても重要で取り組むに値する業務目標なのです。

「チャレンジ2020 SENYO」を達成するためにも
本年も社員一同 感謝の気持ちを忘れず邁進していく所存でございますのでご愛顧賜ります様 謹んでお願い申し上げます。

 

年男

今日と明日は社員全員で会社の大掃除です。屋内は日ごろ女性社員がきれいに掃除をしてくれているのでそこまでガッツリしなくてもいいのですが、倉庫や屋外は一年の汚れがあるので頑張らないといけません。明日は昼までで掃除も完了して納会です。10年ほど前は2次会も有りましたが最近は2時間ほどでお開きになります。

今年は、私にとって色々な事を体験した1年となりました。
来年は戌年で私自身年男です。そして12年後には60歳 還暦です。

大学を卒業した時には60歳なんて遥か彼方の事のようにおもっていました。それがもう10年ちょっとで自分が到達するなんて。

でも私はラッキーです。健康に生活が出来ているのですから。
世の中には大病などで時間に制約がある人もたくさんいます。国の情勢で自分の意思とは違った人生を送らなければならない人もいます。

どんな人でも様々な境遇に置かれていることを改めて考えると逃げ出したくなるものですが、立ち向かう強い意志や勇気を持ちたいものです。
逃げてしまっては進歩はありませんよね。
ガンガン立ち向かわなくてもいいんです。初めは少しずつで。
人は加齢とともに立ち向かう気力が低下します。だから気力のある若いうちに当たって砕ける事、そしてそこから反省して向上できれば ふと立ち止まって自分が進んできた道を振り返った時に 自分自身の生き様にある程度納得できるのではないでしょうか。

当社では来年から「人を育てる事」に力を入れていきます。まずは1月25日(木)13時~18時まで第1回社内研修を行います。よって当日は午前中のみの営業となります。第2回は3月17日(土)13時~18時の開催です。4月以降は日程が未定ですが月1回のペースで開催します。ホームページでどのように取り組んでいるかも掲載していこうと思っていますのでよろしければ見ていただければと思います。

最後になりますが今年1年弊社の活動に携わっていただいたすべての方に感謝いたしますとともに、来年も基本に忠実に社員一同チャレンジしていく所存でございますので何卒ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

 

それ おもろいやん!やってみよーや!

「若者の車離れ」が数年前から言われているのは皆さんご承知の通りだと思います。

私はどちらかというと車が好きです。 19歳で車の免許を取りました。その時は友達のほとんどが教習所に通い免許を取ったらどんな車に乗ろうかしら。どこにドライブに行こうかしら。と思いを馳せていた時代でした。高級車にステータスを感じるのが普通でした。そういう時代でした。

F1レースも何回か観戦しましたがマシンからのエキゾーストノートに 気持ちが高揚したのを覚えています。

さて、 若者の車離れの原因は、色々様々。 一つ、SNSの普及によりわざわざ外出して人に会いに行かなくてもコミュニケーションが取れる。

 

一つ、経済的な理由でイニシャルコストやランニングコストが捻出できない。そんなことにお金を使うならもっとほかの事に使いたい。

 

一つ、エコカーばかり開発したメーカーの責任・・・  等々

 

時代の流れで片付けてしまえばそれまでですが、新車販売業界にとっては死活問題ですよね。 私も「そっか、若者は車に興味ないんか・・・車売れへんようになってきてるんか・・・」と他人事のように思っていましたが、先日ある建設業界の学会誌を読んでいて「まぢで!?難儀やなぁ」となりました。

「日本の建設を勉強している学生が、更地に建物を建てることに違和感を感じている」というのです!!!

理由は、「建てては潰し、潰しては建てる行為は環境に良くないのではないか、世の中では低炭素社会へのシフトチェンジと叫ばれているのだからもっとリノベーションに力を入れるべきではないか」といった理由からだそうです。

私自身も短期間(20~30年のスパン)で建てては潰しのスクラップビルドは良くないと思います。一般的にわが国では、建物は50年、それに付随する設備は25年の寿命であるといわれています。 確かに近年住宅メーカーでは100年住宅と銘打って長持ちする商品も出てきていますが、施主のニーズとマッチングしていないように思います。大半の施主はイニシャルコストを抑えたいのです。企業もその点に追従せざるを得ないのが現実です。

話が逸れましたが、私が心配になったのは、今建っている建物は、50年~70年後には老朽化で使えなくなります。にもかかわらずこれからの建設業を担っていただかなければいけない若者がそんな「新築 NO!!」のような消極的でどうするのかという事です。それと同時に担い手の減少による日本の建設技術の衰退です。

これは現役の我々がもっとこの業界に興味を持てるように努力しなければいけないとすごく思いました。机上の空論ではなくリアル建築を肌で感じてもらわなければ。

弊社の主たる仕事は、設備工事(空調・衛生・電気)の管理業務です。建設に携わっている人々は多種多様であり、建築を歴史的に研究している人から、都市計画、設計、構造、積算、また行政面で関わる人、監理業務にかかわる人や、教育者です。しかしその人たちには施工計画を立て、工程表を作成し、実行予算を組み、それらを基に工事を進めていく事はできません。それは同じ建築に関わる人たちの中で我々にしか持っていない技術なのです。

そこにスポットライトを当てて、施主との絆を大切にすれば感動が生まれそれが仕事のやりがいに変わると思います。

「人の心を動かす仕事」を見える化できればもっと若者にもアピールできて微力ながら建設業界へも貢献できると思っています。 大阪チックになりますが「おもろいやん」と思える仕事です。

それ おもろいやん!やってみよーや!を世界へ!!

追伸  弊社は2025年大阪関西万博招致を応援しています。

会社はあなたをダメにする!?

前回「これからの働き方」について書きましたが、今回もそれに少し触れてみようと思います。

「人生100年の時代に突入」
日本は医療の発達により平均寿命がどんどん延びて80歳を優に超えています。

これからは100歳まで生きる「人生100年の時代」になりつつあります。全国で100歳以上の人口は6万人を超えています。

60歳で定年をむかえても100歳まで40年間あります。
第2の人生のスタートです。お金が必要です。将来の年金制度もどうなるかわからない中で、今までの生き方ではダメな時代です。
私の予想では定年も70歳の時代が来ます。

今の会社にいる間に人生設計を構築しなければなりません。

では、何をどうすればいいのか?
「会社の看板や役職がとれた時、あなたは何で収入を得るのか?」を考えなくてはいけないんです。

あなたに知識・技術・経験・人脈がどれくらいあるか・・・ です。

こんなことを言ったら語弊があるかもしれませんが、会社はあなたをダメにします。

なぜなら狭い世界で決められたことしかせず、外界との接触が限られるからです。

一定の環境下で何十年も生きていると感覚がマヒして「ゆでガエル現象」に陥りやすくなります。

大企業であればあるほどその傾向は強くなるでしょう。

有名企業に入社出来て喜びもつかの間、気付けば歯車の一部でしか働けず「潰しのきかない人間」になってしまいます。

前回も少し触れましたがこれからのビジネスパーソンに求められることは、「自分で考えて行動できる人」です。
それには時間と可能性のある若い間に、

 

「稼ぐスキルを習得する」

 

 

 

  「人との交流を広め深める」     

 

 

 「様々な場に身を置き見分を広める」

 

 

   「自分の進みたい道を見つける」

 

「体を鍛える、体を休める」ことです。

 

 

 

 

 

弊社の企業理念である「社員の健康と幸せを第一に」は、前述の考えをもって時間を大切に過ごしてもらう事を意味します。
結果健康と幸せが持続できると信じています。

 

 

 

 

 

これからの働き方

先日、リクルートスーツに身をくるんだ学生さんに道を聞かれました。
あいにくその辺の地理に詳しくなかったので力にはなれませんでしたが
大体の方向は教えてあげました。
スマホが普及してからは、昔みたいに辺りをキョロつく人も少なくなりましたし、道を聞かれることもなくなりました。便利な時代です。

名古屋のタクシー会社でタクシーに最近話題のAI(人工知能)を搭載したというテレビ番組を見ました。AIでタクシーを使うであろう確率の高い路線や場所を予測しモニターに表示するのです。運転手はそれを確認してその付近を流していると あら不思議! どんどんお客さんが手を挙げるのです。運転手さんもとっても嬉しそうでした。

私はそれを見ていてドキドキしました。
「こんなんボロ儲けヤン・・・ AIやばっ・・・」

でも、そのあとにコメンテーターが放った言葉にもっと衝撃を受けました。

「将来的には車はAIを使っての自動運転になるでしょう」

そうです、明るくうれしそうにインタビューに答えていたタクシーのオッチャンは失業するかもしれないのです・・・。それも近い将来。

韓国では「AI政治家」の登用を真剣に考えているみたいです。理由はAI政治家は利権を考慮しないからだそうです。ちょっと笑えますね。

2020年の東京オリンピックを皮切りにおそらくこのような「AI革命」は急ピッチで我々の生活に影響を及ぼすでしょう。働き方にも変化が出てくるのです。

建設の世界でもAI化の波は必ずやってくるでしょう。当社のような現場管理を主とする業種では、工程表や予算書をつくったり、施工図を書いたりといった業務は人工知能が搭載されたロボットが瞬時に解決してしまうでしょう。必要な資材や作業員の手配も抜けなくキッチリしてくれるでしょう。安全パトロールも現場の状況を自分で認識し作業員一人一人にそれもタイムリーに注意喚起してくれるでしょう。

では 我々はなにをするのか?

AIの弱点は、精度の高い結果は出すがそこに行きついた過程・理由の説明が出来ないところです。

過程や理由は、人を動かす為に不可欠です。いくら精度の高い計画であってもお客さんの要望にマッチしていなかったら「AIロボットが出した答えです」といって感謝されることはないでしょう。作業員の方に現場で作業をしてもらうのに「AIロボットが決めたことです」といっても誰もいう事を聞いてくれません。

相手に伝える力、相手を動かす力、そして調整する力が必要になってきます。特にこの業界は日々大小さまざまな調整ごとがあります。
言われた事だけしていて間に合う仕事ではありません。

どの業界もそうかもしれませんが、「言われた事だけをキッチリする」時代は15年前で終わりました。これからのビジネスパーソンに求められるスキルは「自分で考えて行動できる力」だとおもいます。

前述の就職活動中の学生はどんな会社を選んで社会人としての一歩を踏み出すんだろう。

どんな会社にせよどんな仕事内容にせよ自分で選んだ会社です。腹をくくって初めの3年は頑張ってほしいと思います。自分が想像していなかった世界であってもあきらめずやってほしいと思います。

良い出会いがあることを祈りたいと思います。

私もAI社長と交代させられないように頑張らねば。