明けましておめでとうございます

お正月に香港・マカオに行ってきました。

DSCF0335  314

特にマカオがポルトガル植民地時代の跡が色濃く残っていてとても素敵な都市でした。

その中でも聖ポール天主堂跡で17世紀に建築された建物ですが、今は一部しか残ってません。

建設には、江戸時代キリシタン弾圧で逃げてきた日本人も参加したそうです。

1

聖ポール天主堂が異質なのは、マリア様を囲むように日本の菊の花と中国の牡丹の花が彫刻されていました。

それに左右に龍の彫刻があり、西洋と東洋の混在した聖堂は唯一ここだけだそうです。

それが世界遺産になった理由でもあるそうです。

納骨堂には日本人の名前もあるそうです。

意外なところで日本の先祖の魂に触れたような気がしました。

 

ところで。。今年は申年ですが、申年に贈られた下着を身に着けると元気になり、病が治るそうです。

ご両親に贈ってみてはどうですか (N.H)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です