準備はOK? 建築物省エネ法     2017年4月1日から施行スタート!


ビルや住宅の省エネに対しての意識が高くなるとともに省エネが法律となって義務付けられる傾向にあります。

ここでもHEMSやBEMSに触れてきましたが、いよいよ4月1日から延床面積2,000㎡以上のオフィスビルや商業施設の新築時における省エネ基準への適合と、その判定を受けることを義務付けられます。
省エネ適合性にパスするためには省エネ機器のスペックが重要となってきます。

image017

同300㎡以上の建築物にも新築時における省エネ計画の届け出が義務付けられます。
建築主は、建築確認時に所管行政庁または登録省エネ判定機関に「省エネ基準の適合性判定」を受け、適合判定通知書を建築主事または指定登録検査機関に提出する必要があります。
つまり、省エネ基準に適合しなければ建築確認がおりず、建築工事の着工ができないことになります。

image029

画像が見にくかったらすみません

合わせて「住宅トップランナー制度」も2017年4月1日から施行されます。
年間供給戸数が150戸を超えるハウスメーカーや工務店などの住宅事業建築主に対して、供給する建売戸建て住宅の省エネ性能の基準を定め冷暖房、給湯機設備、換気設備、照明設備についての省エネ性能に加え、太陽光発電設備の発電性能も考慮に入れ、算出される一次エネルギー消費量で評価されるというものです。

弊社では、商業施設、オフィスビル等の空調設備設計施工も承っております。
新築・改修をお考えの方は是非ご相談くださいませ。
住宅のお困りごともおまかせください!お住いでの小さなお困りごとや こんな風にしたい!というご希望や夢のお話をお聞かせください。

 


DSCN1751-500x375

今日は節分です。
みなさんはどんな2月3日をお過ごしになられるのでしょう

IMG_0435 1295318491795 xff96e63417779856f473acd0e079747d_jpg_pagespeed_ic_XGRhTMAz8V

 

 

 

私の幼少期は恵方巻きよりは豆まきのイメージが強いのですが、今年のアンケート結果で豆まきをする家庭というのは全体の5%ほどにしかならないそうです。

 

一年健やかに過ごせるようそれぞれの鬼退治をするのもいいですね!(あ 別に深い意味はないです)

ではまたです

m.i