現場レポート「あおい幼稚園改修工事」

堺市中区にある幼稚園の空調改修工事の現場レポートです。

以前より園長先生のお宅などを工事させていただいてたなかで、今回園舎の「今の空調システムのままだと電気のデマンドがあがる」という相談をいただき、ガス式の空調機に変更する工事をさせていただきました。
工事は2期にわたり、1期は去年の年末に遊戯室の空調工事、2期目は今年に入ってから、園舎棟一部改修に伴う床暖房設置工事と空調工事を実施しました。


工期:平成28年12月16日~平成29年3月31日
建物用途:幼稚園
構造:RC造 2階建て
請負工種:空気調和設備工事・換気設備工事・ダクト工事・床暖房設置工事・ガス工事
設備機器の要量:
1期工事・・・GHP(室外機20馬力×1台/室内機5馬力×1台、6馬力×2台、3馬力×1台
2期工事・・・GHP(室外機10馬力×1台/室内機10馬力×1台、2.5馬力×2台


【1期工事】

園舎の裏手にある小さな空き地に室外機を設置する計画です。
設置する室外機は重量が1トンほどあるので基礎をしっかり打ちます。

 

 

 

 

 

 

幼稚園内を通っての運搬が不可能だったのでご近所の了解を得て隣地よりクレーンで吊り上げての設置です。
設置完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30センチ程度しかないすき間にガスと冷媒の配管を設置する計画だったため、ご近所の協力を得て隣地からの施工となりました。

 

遊戯室内施工中
天井材張り終えました

 

 

 

 

 

 

 


 

 

【2期工事】

1期目と同じようにクレーンでの搬入です。
手前が1期目に設置した室外機。後ろが2期目です。

 

 

 

 

 

 

 


工事を終えて。
園長先生をはじめスタッフの方々がとても協力的であったおかげで問題なくスムーズに進んだ現場でした。隣地からの施工もご近所様の快諾を得られ工期どおりに進みました。
関係者の皆様方本当にお世話になりありがとうございました。

担当 K・H

現場レポート「川西こども園新築工事」

奈良県磯城郡川西町に新築された木の香りが漂うこども園の現場レポートです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6ヶ月~就学前の児童を保育してくれる認定こども園「川西こども園」。
天然木をふんだんに使用した気持ちのよいその建物は、やはり完成するまで悲喜こもごもなストーリーがありました。


工期:平成28年8月4日~平成29年2月28日
建物用途:幼保連携型認定こども園
構造:木造
延べ床面積:地下1階
請負工種:空気調和設備・換気設備工事・ダクト設備工事
設備機器の要領:マルチルームエアコン×1台/オフィスエアコン×18台/シーリングファン  ×17台/天井埋め込み換気扇×45台/有圧換気扇×2台/ストレートシロッコファン×6台

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

工期が短いこともあり、一教室に一人の割合で大工さんが入っていました。
その大工さんが造作したぬくもりのある家具は、両面使いでヒノキ製。
アウトセットで取り付けたヒノキ製の両開き引き戸はここちよい季節に大活躍しそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
図書コーナー

内側の柱を覆うように造られた大きな大木のような意匠の根元には園児たちのベンチが取り付けられています。
大木の枝のような筒は、空調の吹き出し口です。塩ビ配管特有のグレー色がとても異色で違和感があり、最終的に木目シートを貼って雰囲気を壊すことなく仕上がりました。


窓上部にとられた給排気口の穴
給排気口フードは外壁の木目調になじむよう塗装しています。
こちらもナチュラルな外観をこわすことのないよう無機質な給排気口フードを塗装仕上げしています。

 


 

厨房 天吊りエアコンは側板がステンレス製

 

 

 

 

 


室外機置き場は安全を考慮した鉄製のガード

園児たちの足洗い場

 

 

 

 

 


 


施工を終えて。

工期が短かかったのが一番大変でした。
こだわりの建築だったので建築工事との兼ね合いで苦労したことがありましたが、園長先生も現場に通ってくださってたこともあって細かい打ち合わせ等重ねられたことで円滑に進められました。
すばらしい園舎の完成をとても喜ばしく思います。
関係者のみなさま ありがとうございました。

担当者 K・H

 

 

 

 

 

 

 

「堺市立青少年の家」空気調和設備改修工事レポート

堺市南区に位置する「青少年の家」の空気調和設備改修工事の現場レポートです。

045_1

青少年の家では、広く市民の生涯学習の場としてプレイホール、音学室、工芸室、美術室、研修室、茶道華道室、活動室などを提供し、クラフト、野外炊さんなどをはじめ、さまざまな体験ができる施設です。


工期:平成28年6月1日~平成29年3月17日
建物用途:社会教育施設
構造:RC造 地上4階建

請負工種:冷暖房設備・換気設備・ダクト設備
工事範囲:1階~4階及びR階
設備機器の容量:EHP125.3馬力・室外機×27台/RA×6台

施工前 外部
施工前 外部

 

施工前1F機械室B
施工前  1階機械室

施工前1F機械室A

 

 

 

 

 

施工中 1階機械室
施工中 1階機械室
施工中1F機械室B
施工中 1階機械室

 

 

 

 

 

1F機械室搬入状況
1階 機械室搬入状況

 


施工前 屋上
施工前 屋上
IMG_1885
施工後 屋上

施工前 1F事務室B
施工前 1階事務室
施工前 1F事務室A
施工前 1階事務室

 

 

 

 

 

施工中 1F事務室A
施工中 1階事務室
施工中 1F事務室B
施工中 1階事務室

 

 

 

 

 

施工後 1F事務室B
施工後 1階事務室
施工後 1F事務室A
施工後 1階事務室

 

 

 

 

 

 


 

 

【施工を終えて担当者よりコメント】

工事を行うために施設が設けてくれた休館期間は2週間。その2週間の間に停電・断水等の工程を組み、そのほかは施設の定休日と利用者が教室を利用している傍らに作業を行うという制約の中での工事でした。

1階~4階までの施工範囲の中で各フロアごとに工事を進めて行きたかったのですが、利用者が教室を利用している傍らで工事を進めていたので施設側からの要望もあり、利用者に迷惑のかからないよう配慮し複数階での施工となりました。

天井解体時、天井材から出る白い粉の清掃は大変でしたが、利用者の方にも迷惑をかけずに終えることができ安堵感でいっぱいでした。

たくさんの制約がある中での施工でしたが、関係者のみなさんのおかげで事故もなく施設様にも喜んでいただけました。

ありがとうございました。

担当者:S・T

大阪母子医療センター(旧大阪府立母子保健総合医療センター)改修工事 現場レポート

和泉市にある大阪母子医療センター周産期棟(旧大阪府立母子保健総合医療センター)の改修工事における現場レポートです。

本館(周産期棟)2階手術室3室を更衣室に改修、及び手術室2室をフリールーム(調乳室)に改修するという内容です。


工期:平成28年12月27日~平成29年3月31日
建物用途:医療センター
構造:RC造
本館(周産期棟)C棟2階
工事面積:7,036.1㎡

請負工種:冷暖房・換気・電気・給排水衛生・スプリンクラー・医療ガス
設備機器の容量:EHP 125.3馬力・室外機×27台/RA×6台
15

16

【手術室→更衣室へ改修】

image001
施工前(手術室の状態)
image005
中間期(施工中)
image008
中間期(施工中)
image012
竣工時(施工後)更衣室完成

image010

【手術室→フリールーム(調乳室)へ改修】

image002
施工前の滅菌器材室

 

器材類を撤去します
器材類を撤去します
施工中。既存ダクト撤去
施工中。既存ダクト撤去
竣工時
竣工時(VO測定)
施工後
施工後

≪施工を終えて担当者よりコメント≫
昨年の年末に工事が決定しその工事を自分が担当することになったとき、「短い工期の中でさまざまな制約がある病院の改修工事を無事に終えることができるだろうか・・・」そんな思いが頭をよぎりました。

病院では工事時間の制約が多く、夜間、土日と限られた時間でしかできない作業が多いため、工程管理に費やした時間は通常の何倍にもなりました。加えて、埃や臭い、騒音に注意しなければならないデリケートな現場でした。

断水や停電工事が必要であったため、バルブやブレーカーの系統を完全に把握できるまで何度も何度も現場調査を行い見落としのないよう最善を尽くしました。

また、院内感染があってはいけないので、現場では作業員の体調管理がいつも以上に必要となります。大きな事故やトラブルが起こらなかったのは、現場に関わるひとりひとりの高い意識や綿密な打ち合わせ、なにより工事関係者全員の協力の賜物だと思います。

施工中は予想外の出来事が多々起こります。そのアクシデントに迅速に対応し現場をおさめていくことが私の勤めであり、この現場での経験を次回の工事に活かせるよう成長していきたいと思います。

関係者のみなさま、ありがとうございました。

担当:K・S