安全衛生推進大会を開催いたしました

4月19日に堺市青少年の家で、第14回安全衛生推進大会を開催いたしました。
参加協力業者様は約15名でした。

年に一回、労災を防止するため業界全体・職場での安全に対する意識を高め、
安全を維持する活動の定着を目的とする大会です。

≪内容≫
ⅰ) 開会のあいさつ
ⅱ) 施工体制台帳について
ⅲ) 安全な作業について(感電防止)
ⅳ) 安全衛生管理計画と月間安全目標
ⅴ) 熱中症予防対策について
ⅵ) 安全対策ビデオ鑑賞
ⅶ) 安全宣言唱和

 

社長あいさつ

 

 

安全推進会議にあたり

本日はお忙しい中、弊社の第14回安全推進会議にお集まりいただき誠にありがとうございます。

平素は、弊社のビジネスパートナーとして、安全で良質な施工を提供していただき、また、昨年4月のこの会より本日まで無事故無災害を達成出来た事を併せてお礼申し上げます。

さて、当社の業績ですが、昨年11月末をもち38期の目標4億を達成し目標比104%で黒字で完了することが出来ました。そして今期の完工高は5億を目標としております。

前回会議でご報告致しました。弊社の中長期経営計画である「チャレンジ2020SENYO」の実現に向け只今社員一同一生懸命取り組んでおります。

私の近未来、5年以内に達成させたい夢が有ります。それは今の事業規模を2倍にする事です。弊社の企業理念やクレドに沿った「人にスポットライトをあて、人を大切にする事で企業は永続する」事に日々取組み、コツコツやっていく事で実現できると思っています。是非とも社員やその家族の為に実現したいと思っています。

そのための事業モデルの基軸となるのが、「自社で売る力を持つ」事です。

「良いサービス」を「良い顧客」に「自社で売る」

「特色のないサービス」を「満たされた顧客」に売っても意味がないのです。

以上の事に全社員のベクトルを合わせ取り組んでいきます。

弊社のクレドの中にある、

「Safety First」安全を全てにおいて優先します。は、ここにいる全員の強い意思として、人をモノあつかいしなければ達成できると確信しています。

職場での安全は、何事においても優先していただき、自分自身や家族の為にも、本日から決意を新たに、災害ゼロに取り組む事を切にお願いし、挨拶に代えさせていただきます。

平成30年4月19日
泉陽冷熱株式会社
代表取締役 吉田勘哉

 

 

建設業で起こりうる電気災害は、電線やの絶縁不良や損傷による感電、
過電流による火災、危険物が存在する場所での電気スパークによる
爆発・火災等があります。

感電とは人体の一部または大部分に電流が流れたために
ショックを受ける現象のことです。

安全対策について(感電防止)

気温の高い夏季には熱中症が集中して発生しています。
特に建設業では屋外作業が多いことから、熱中症による死亡災害が全産業の半数以上を占めています。
熱中症を防ぐには熱中症対策を考えた作業計画・作業手順を立てることと、
皆さんが熱中症予防に対する十分な認識を持つことが重要です。

熱中症予防対策について

 

熱中症等対策ビデオ鑑賞

 

安全宣言唱和

 

大会終了後、
協力会社様と記念写真を撮影させていただきました。
ありがとうございました。

弊社にて撮影

2018年度も無事故無災害でご安全に!