だんじり祭り

早いもので今日から10月です。
雨が多かったり、残暑に悩まされたりしながらも、ようやくちらほらと秋の訪れを見つけることができる今日この頃です。

 

kakikuri

 

 

 

 

みなさんの秋はどんな秋でしょう

 


 

弊社があるこの地区では、毎年10月の第一土日に
だんじり祭りが催されます。

この地区のカラーであるえんじ色の法被にねじり鉢巻きの勇士たち。
ずっと受け継いでいってほしい日本の文化財です。

img_1166 img_1167

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝からしとしとと降り続いていた雨もやみ間に入って、金色に色づき始めた田んぼをバックにだんじりが練り歩いていきます。

img_1171
栂地区のだんじり。

我が社の社長も地区の若頭(?)として大活躍です!
img_1173

私はこうやって社内でブログをしたためていますが、社長は今頃だんじりを曳きまわして若い衆を取りまとめているのだと思います

明日は堺市内唯一の国宝である「櫻井神社」に奉納される「上神谷のこおどり」が催されます。

お近くにお越しの際はぜひぜひお立ち寄りください

 


季節の変わり目は何かと体調に問題が出がちです。
どうぞみなさま、健康にご留意していろんな秋を満喫してください

 

m・i

ふぐフルコースを堪能いたしました!

 

連休を利用して、福井県 若狭湾 若狭小浜の「阿納」(あのう)に行ってきました!! 1無160411題

 

マキノ高原の桜 まだ満開です          メタセコイア通り

2無160411題 3無160411題

 

                                                                楊貴妃桜

4無160411題 5無160411題

 

妙祐寺のしだれ桜  残念ながら満開後です。

6無160411題

 

7無160411題 ふぐを食す!!

 

若狭ふぐの宿 『下亟』(しもじょう)さんで、ふぐのフルコースを頂き、大満足しました!!

 

無題

8無160411題

 

ひれ酒を頂きながらボリュームのあるてっさ、焼きふぐ、から揚げ、平目のお造り(舟盛り)、鯛の塩焼き、

牡蠣土鍋蒸し、切りカニそして、ふぐちり  鍋の後のぞうすい

どれもすべて堪能しました。

 

若狭ふぐの宿 下亟(しもじょう)
 〒917-0105 福井県小浜市阿納10−15
TEL 0770-54-3313
FAX 0770-54-3737

 

ふぐ好きの方にお勧めの宿です。   9無160411題   (Y.N)

 

 

 

 

手前味噌ですが・・・

 

25年間使用した(長っ!)我が家のクーラーがとうとう壊れまして 

弊社にてクーラーを取り換えてもらいました!

修理可能であればと思ったのですが、何せ4半世紀前に購入したものなので、部品も揃わないし、修理代が高額になると聞かされ、思い切って新設しました。

160325n題 160325n2題

 

160325n3題160325n4題

160325n5題

 

 

帰宅後、新設のクーラーや室外機の設置そして配管を見て、プチ感動 しました。

手前味噌ですが、すべてがきれいに設置され、さすが泉陽冷熱株式会社?!と思いました!!

弊社のH部長、協力会社のO工業 Oさん等 お世話になりました。 

 

 

事務の仕事をしている私が、お客さんの立場で現場仕事を見ることができ、いい経験をしました。

これからも、施主様に喜ばれる仕事をして、感動を与えてください。(Y.N)

 

 

 

 

ふれあいの旅 in 金沢

 

先日、1泊2日で金沢・富山そして飛騨高山方面のツアー旅行に行ってきました。

暖冬で、飛騨高山の白川郷以外に雪景色が見られなかったのが、少し残念でしたが、2日間満喫しました。

北陸新幹線に金沢~富山間(20分間)だけ乗車しました。

 

旅行(中井さん)1  旅行(中井さん)9

 

 

 

 

昼食は、富山湾寿司をいただきましたが、食事中、大将のお寿司の説明から始まり、野球が好きで甲子園に行く事や吉本新喜劇も観に行くお話を、だじゃれを入れて延々と話されたので、オッチャンゆっくり食べさせてと思いながらいただきました。 でも、長いお話は、大阪の人に対しての大将のやさしい心遣いだったのかな。

旅行(中井さん)2
 
 

  白川郷(合掌造り家屋集落)   雪が少なく、生憎の雨でした。

旅行(中井さん)3
 
 

見学施設の「神田家」の2階より撮影。

窓際にお上品なおばあちゃんが座っていて、誰に説明するでもなくお話されていました。
近づいていくと、おばあちゃんがすっと立たれて写真を撮ってくださいました。
立ち位置はここ、手はどこに置き、目はどちらを向いてといろいろ注文をうけましたが、違ったアングルで撮っていただいたので、満足しました。

旅行(中井さん)4

 

 

玉泉院丸庭園  加賀藩   

三代藩主「前田利常」による作庭で、歴代藩主が愛でた池泉回遊式の大名庭園。

旅行(中井さん)5

 

ひがし茶屋街のお茶屋「懐華樓」にお茶屋体験。

築190年の歴史ある建物。指定保存建造物です。 夜は一見さんお断りの店で、いまもなお一客一亭だそうです。 朱塗りの階段を上がって華やかなお座敷に案内されると、きれいなお姉さん(女将さんかと思いましたが違いました)からいろんなお話を伺いました。 花嫁のれんと言って、婚礼に用いられる特別なのれんだそうです。

旅行(中井さん)6
 

金の畳の茶室

水引に金箔を巻き、その金の水引を畳のいぐさの代わりに使用して作られた畳。 金色に輝く部屋は、懐華樓さんでの最も贅沢な空間だそうです。 きれいなお姉さんのお話しによると、茶室の写真を持つと1年間のみ金運がアップするそうです。 さっそくスマホの待ち受け画面に取り込みました。

旅行(中井さん)7
旅行(中井さん)8
 

短い旅でしたが、添乗員さんからおすすめの場所や、おいしいお土産やさんを教わったり、いろいろな人との出会いがあり、いいお話しを聞かせていただいたりした充実した2日間でした。 リフレッシュできましたので、仕事がんばりまーす。(Y.N)

ちょっとブレイク

 

以前、産経新聞の書評欄に東ちづるさんが紹介した

旺季志ずか著の『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』という本があります。

青い髪に生まれ、化け物扱いされ、誰からも愛されていないと思い込み、自分が嫌いで許せなくて、忌まわしいと思っている失意のキラと裕福な家庭に生まれながら優秀な兄と比べられ自分の存在価値を認められたいともがくリクが森で会った老師に導かれ、どんな願いも叶うと言われている「七つのストーン」を集める冒険に出るというストーリーの冒険ファンタジーですが、人間の心理をつく心理学と自己啓発とスピリチュアルな要素があり、最後は涙、涙のラストでした!

自分に自信が持てない人、対人関係に悩んでいる人に読んでもらいたい本だと思いました。

 

老師の教え (なぜか徳島弁)

① 恐 (恐怖)   

「人類は、潜在意識でつながっている。ほなけん、内側に意識を向けると潜在意識でつながっている相手の思惑がわかるんじぇ」

② 寂 (寂しさ)

「内なる声とは、体のサイン、ハートのささやきのようなもの。キラは今まで人の顔色ばかり伺って生きてきた。自分がどうしたいかよりも、人がそうするから同じことをするということをしてきた。ほんなことしとったら、内なる声を聞く能力は失われていく」

③ 怒 (怒り)

「そのネガティブな信念を破る方法がキャラになりきることじゃ。勇者になりきる、勇者ならどんな選択をするか、どんな発言をするか」

④ 妬 (嫉妬)

「現実のせいで感情が起こっていると思うが、実は逆で感情が現実を映し出しとる。しかし普通は現実が起こるまで時間がかかる。 その時差のせいで、思考や感情が先だということが分かりにくくなっとんじょ」

⑤ 哀 (哀しみ)

「誰もがその人にしかない独自の才能を授かって生まれてきておる」

あなたには、あなただけの授けられた才能があります。それを生きることで人生は生き甲斐に満ちたものになります。

⑥ 我 (自我)

「何をするかよりも大切なことは、それをどんな意識でやるかじゃ。DoよりBeに意識的であることじゃ。自分はダメだという前提で物事にトライするのか、自分は出来ると信じてチャレンジするのか、結果が大きく違うだろ。現実はすべて、おまはんらの自分に対して持っている考えによるんじょ」

⑦ 空 

「目の前に現れるどんな人物も自分を映し出す鏡じょ。嫌いな人や、苦手な奴が現れたときは、切り離した自分の部分を取り戻すチャンスなんじぇ。許しは最強のパワーじぇ。目の前の相手を許したとき、自分のその部分も許され戻ってくる。」

(N.H)

 

本

【参考】  

旺季志ずか(おうき・しずか)  テレビドラマのシナリオ脚本家

代表作「女帝」「カラマーゾフの兄弟」「ストロベリーナイト」「特命係長 只野仁」「正義の味方」「佐賀のがばいばあちゃん」「トイレの神様」等

 

 

 

 

もうすぐ節分ですね

節分

今年の節分は、2月3日(水)です。

節分は、毎年2月3日でしょ? と思われた方いますよね。
実は、違うんです。
説明は長くなるので。。。簡単に言うと「太陽と地球の位置関係」で決まります。

2021年と2025年は、2月2日なんですよ!

ざっくり過ぎましたね。(笑)

 

節分と言えば、豆まきと恵方巻きです。

今年の方角は、南南東

一言も話さずにお願い事を心の中で唱えながら食べないといけません。
子供の頃は、黙って食べることが苦痛でした (^_^;)
今では、楽しく食べることが一番! と思って、神様がいらっしゃる方角だけ向いて話しながら食べてます ♪

 

「鬼は外!福は内!」

豆撒き1

邪気を払うという意味での豆まき。

心の中の鬼は退治しないといけませんが、家庭でも職場でも少し怖~い鬼がいたほうがいいかもしれませんね。(Y.Y)

 

 

 

明けましておめでとうございます

お正月に香港・マカオに行ってきました。

DSCF0335  314

特にマカオがポルトガル植民地時代の跡が色濃く残っていてとても素敵な都市でした。

その中でも聖ポール天主堂跡で17世紀に建築された建物ですが、今は一部しか残ってません。

建設には、江戸時代キリシタン弾圧で逃げてきた日本人も参加したそうです。

1

聖ポール天主堂が異質なのは、マリア様を囲むように日本の菊の花と中国の牡丹の花が彫刻されていました。

それに左右に龍の彫刻があり、西洋と東洋の混在した聖堂は唯一ここだけだそうです。

それが世界遺産になった理由でもあるそうです。

納骨堂には日本人の名前もあるそうです。

意外なところで日本の先祖の魂に触れたような気がしました。

 

ところで。。今年は申年ですが、申年に贈られた下着を身に着けると元気になり、病が治るそうです。

ご両親に贈ってみてはどうですか (N.H)

 

 

 

 

「虚実等分」

生け花の道に 「虚実等分」 という言葉があります。

生け花は切り花ですので、それ自体が自然ではありません。
でも、活けるとき、より自然に近い状態で活けるようにします。

山の花は山で咲いているように、水辺の花は水辺で咲いているように、でもそのままでは、華道とは言えませんので、不要の花・葉を 取り、 枝をためて、姿を整えて、自然のように見えるように花器にうつします。
自然と虚が等分で作り出す美しさです。

人間の世界では、悪(虚) 善(実)でしょうか
悪人と善人がほぼ半々いるような気がしますが、こちらは虚実等分でも美しくもないようです。

1

 

ことわざに 「悪人の友を捨てて善人の敵を招け」 という言葉があります。

自分のことを助けてくれるいい友達であっても、その友人が悪人であるならば、きっぱりと関係を断ち切り、自分を非難するような人でも、その人が、善人ならば、その人と関係を持つべきだという教えです。

友人は時として、とても好意的であるが、その友人が悪人であるようなら、 つき合いをやめて、たとえ過ちや欠点を指摘してくれる、うざい人であっても、 その人が善人であれば、友として大切にすべきであろう、という考え方です。

友達の選び方も大切ですね。(N.H)

今年もあと少し

年末も近くなってきました。

そして、もうすぐクリスマスです。

聖書の中に「神は乗り超えられない試練は与えない」という言葉があるそうです。

今、仕事に家庭にいろいろな悩みを抱えている人がいると思いますが、あなたたちには

乗り越える力があるのです。

自分を信じて頑張ってください。(N.H)

無題

秋晴れのだんじり祭り

毎年、10月の第1土曜日と日曜日には地域でだんじり祭りが開催されます!
今年は、10月3・4日に掛けて行われました。

3日の日は会社の営業日でしたが、快晴でまさにだんじり日和 ❁
こんな気持ちのいい日には、仕事を放り投げてだんじりを見に行きたかったんですが。。。社長に怒られますよね (*^_^*)

ソワソワする気持ちを抑えて仕事をしていると、賑やかな太鼓の音と声が。。。来たっっ!!
会社の前を通るだんじりに釘付けになって見ました。

写真でご覧の通り、とっても癒される田畑の多い地域に弊社はあります(笑)

image1

勇壮でカッコいいですねー ♪

image3

我が社の社長は、だんじりの役回りの為に忙しくしていた様子。
写真をUPしたかったのですが、照れ屋さんなので写真はNGだそうです (^_^;)

近くには、上神谷(にわだに)の八幡さんと呼ばれ、堺市内で唯一の国宝に指定されている「櫻井神社」があります。
余談ですが、最近では嵐ファンの聖地と呼ばれているとか。。。

毎年10月の第1日曜に奉納される「上神谷のこおどり」は国選択・府無形文化財となってます。とても静かな踊りですが、幻想的で一度観覧される価値がありますよ。

《上神谷のこおどり》

無1SEN151005題

 

来年は、ぜひお越しください。(Y.Y)