施工管理技士を
育てる会社!

採用イベント情報

『さかいジョブマッチ交流会』参加のお知らせ

10月開催予定の『さかいジョブマッチ交流会』に参加させていただくことになりました。

「いつもの自分でフランクに企業とじっくり向き合ってみよう」がコンセプトの交流会です。
弊社以外にも堺の企業様が多数参加され、役立つイベントも予定されています。

堺市内での勤務にご興味ある方はどうぞご参加ください。

日時10月11日(金)10:30~13:10
場所サンスクエア堺 A棟2階
【ブースNo.27】
〒590-0014 大阪府堺市堺区田出井町2-1
JR阪和線「堺市」駅から約300m
参加費無料
予約不要
服装ノーネクタイ・ノージャケット
持ち物筆記用具

会社説明会

会社説明会では当社施工管理技士の主な業務、当社取り組み、採用フローなどをご説明いたします。

場所は全日程本社にて開催となります。

11月
5日(火)10:30~12:00
8日(金)10:30~12:00
13日(水)10:30~12:00
18日(月)10:30~12:00
28日(木)10:30~12:00
12月
3日(火)10:30~12:00
11日(水)10:30~12:00
16日(月)10:30~12:00
18日(水)10:30~12:00

施工管理技士しごと体験 ご感想

しごと体験にご参加頂いた方からのメッセージを紹介いたします。

しごと体験 ご感想
文系大学生 Mさん(2019年参加)

施工管理は大変で難しいというイメージが大きかったのですが、実際に現場を見たりCAD体験を通してやりがいや達成感が大きい仕事なのだとわかりました。CADは操作してみると意外に使いやすくて面白かったです。

しごと体験 ご感想
転職希望 Kさん(2019年参加)

各施設の配管や工事の仕方、配管工事の決まり事などを現場を見ながら教えていただきました。施工管理の楽しさだけでなく厳しい面も正直に教えていただけたのが良かったです。CAD体験では、スピードが求められるので瞬時に頭の中で作図し、紙面で寸法を決めるといった技術が必要であることが身を持ってわかりました。

しごと体験 ご感想
転職希望 Oさん(2019年参加)

実際の現場で水道配管が地面のどこを通っているのか、といった普段の生活に密接した内容を教えていただきました。先輩社員から現場の生の声を聞けたのが良かったです。施工管理の仕事のやりがいや厳しさを知ることができ、ためになりました。

しごと体験 ご感想
転職希望 Eさん(2019年参加)

3か所現場をまわりました。先輩社員が自分が担当した仕事の話をする時の熱い顔が印象的でした。CAD体験は文字のバランスや時間配分が難しかったです。普段できない貴重な経験ができ、楽しかったです。

しごと体験 ご感想
理系大学生 Hさん(2019年参加)

「改修工事」ではなく「新築工事」を担当する事で施工管理図面を書けるようにしていくという社長のお話が印象的でした。男性が多い現場で、女性の施工管理技士として働けたらかっこいいなと感じました。

しごと体験 ご感想
文系大学生 Fさん(2019年参加)

ここにコメントが入ります。ここにコメントが入ります。ここにコメントが入ります。ここにコメントが入ります。ここにコメントが入ります。ここにコメントが入ります。ここにコメントが入ります。ここにコメントが入ります。


インターンシップ

インターンシップ2019

2018年 インターンシップ

「建物に命を吹き込む職業」を体験しませんか?

建築設備工事は、建築業の中でも人が健康で快適に生きていく上で絶対不可欠な工事です。よって当社の担う業務は非常に重要なポジションで、社会に対して責任性の高い職業といえます。

そんな中当社では、今後の建設業の発展の為、また世の中の社会活動維持の為、まずは多く若者に建築設備施工管理技士を知って頂く事が大切と考え、インターンシップ募集に至りました。

建築・建造物・ものづくりに興味のある方や、将来どんな職業に就こうと悩んでいる方に、ぜひ体験してみてください。あなたの職業選びの選択肢の1つになるかもしれません。

2019年インターンシップのプログラム等詳細につきましては、決定次第当ページにてお知らせいたします。

施工管理技士 募集要項

2020年卒、中途採用(経験者・未経験者)募集につきましては、各ボタンよりお進みください。

SENYO座談会

性別、年齢、立場を超えて、普段は話さないようなテーマについて考えを述べる「SENYO座談会」を2019年より行っています。

同感出来る意見もあれば、意外な意見もあり、業務上で交わす会話だけでは知り得なかった相手の想いに触れる事で、組織の活性化、部署間の連携効率化、互いへの感謝につなげて参ります。